「幸せのヒント」夜勤入りの日の過ごし方「1人で留守番するのが不安な人は必見」

(3)日常のひとコマ

私は介護の仕事を
かれこれ10年以上続けています。

もちろん
介護の仕事には付き物である…
夜勤もしています。

だいたい「5回/月」くらいの頻度です。

そして夜勤の日は特別です。

なぜなら夜中1人で
彼女が留守番するからです。

それゆえに
夜勤入りの日は気をつけていることがあります。

今日はそのお話をします。

なぜ夜勤入りの日は特別なのか?

夜勤を始めた頃…
まったく気づかなかったことがあります。

それは夜勤入りの日は
私も彼女も無意識のうちに

・いつもより緊張している
・いつもり不安になっている

ということです。

当たり前と言えば当たり前です。

夜はやっぱり一緒に過ごしたいですよね。
1人で過ごすのは寂しいものです。

でもそういった気持ちは隠れていることが多く
中々みることができません。

なぜなら
夜勤に行くことは決定しているのだから
泣き言を言っても仕方ない…

そんな想いで不安な気持ちを
押し込めているのかも。

具体的に何に気をつけているの?

先ほど説明した
不安や緊張は隠れていて普通は見えませんが、

それは平静さを装って見えなくしているだけ。
何かのキッカケがあれば出て来ます。

なので夜勤入りの言動には
気を配っておくことが大切です。

無理に平静さを装わない(素直に受け入れる)

もしも不安や緊張を感じたら

・夜勤はやっぱり寂しいね
・夜勤はやっぱり不安だね

素直に…表現するのがいいです。

無理に押し殺すよりも
返って気持ちが落ち着いたりします。

当然
相手が不安な気持ちを打ち明けた時も
同じです。

素直に受け止めるのが
一番効果的です。

でも…これってなかなか難しいですね。
昔は本当にできていませんでした。

今でも…時々ヤラかしてしまいます。

話し合わないといけない話題はまた明日

話し合いは基本的にNGです。

なぜなら
いつもより不安や緊張を抱えた状態での話し合いは
たとえ些細な話し合いだったとしても

思わぬ方向に話が進んで
話の収集がつかなくなってしまうことがあります。

その結果
中途半端で話し合いのまま
夜勤に出かけることになってしまいます。

もやもやした気持ちは
不安や緊張に良くないですね。

なので
緊急性を要する話し合い意外は

夜勤から帰って来てから
ゆっくりと話すことがベターですね。

合言葉を決める

気休め程度かもしれませんが…
オススメです。

2人だけの合言葉を決めておくと
気持ちが少し盛り上がっていいですよね。

私たちの場合…

・また明日会おうな
・絶対会おうな

これです。ちょっと恥ずかしいけど。

でもこの言葉を掛け合うと
安心感が生まれます。

なんだかんだ言って
これが一番良かったりしますね。

失敗談

今でも失敗することはありますが
以前は本当に私の対応は酷かったですね。

過去の自分にアドバイスしたい気持ちです。
何度も繰り返した失敗が…

不安な気持ちを振り払おうとして
ポジティヴに振る舞おうとしたことです。

それって結局…
不安な気持ちをより大きくさせる。

逆効果でしかありません。
それでも失敗を繰り返していました。

最初から不安な気持ちを
素直に認めた方がはるかに気持ちが落ち着きます。

それでも当時は…
不安な気持ちに負けたら終わり。
そんな風に考えていました。

負けたら…とか言っている時点で
既に負けていますよね。

自分の気持ちを
素直に受け入れるだけでOKなのに…

まとめ

いかがでしたか。

今回は夜勤入りの日の過ごし方を
お話しました。

皆様の暮らしが少しでも明るくなることに
お役に立てれば幸いです。

私たちと一緒に成長していきましょう。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました