「幸せのヒント」人生の時間は限られている…大切なことに時間を使う「優先順位のつけ方」

(1)幸せのヒント

優先順位をつけて行動することは大切。
学校とか会社でよく聞きますね。

私も
学校の先生や職場の先輩から
教えて頂きました。

そしてこの優先順位…
私と彼女の暮らしにも大切。

今日はそんな話です。

「優先順位のつけ方」私と彼女の暮らし…何を一番大切にするのか

結論。私が彼女との生活で
大切にしていること。

優先順位の第一位は
アパートで彼女と仲良く暮らして行けることです。

そんなことは当たり前…
と思いますよね。

しかし、意外と
出来ていなかったりします。

++

以前の私は…

彼女のこころの病気が
少しでも良くなることを
優先順位の第一位にしていました。

なんの疑いも持たずに。

もちろん…
病気の症状が良くなることは大切です。
今でも大切だと考えています。

しかし病気からの回復を
優先順位の第一位にしてしまうと

毎日の生活が
リハビリ三昧のようになってしまい

私も彼女も、
ストレスが溜まってきました。

もともとのんびりと過ごすことが
好きな二人なので尚更です。

ちょっとしたことで
言い合いになったりもしました。

++

そして…ある時
優先順位の第一位ではない
と気づきました。

一番大切なことは
彼女と二人で仲良く
暮らしていくことです。

そうして優先順位の第一位を
変えることによって

日々の暮らしにも
変化が出てきました。

彼女の病気の症状…
気にはなるけれども。

まあ一緒に、ご飯食べて、
お出かけして、夜ぼちぼち寝れたら…OK。

それよりも
好きな料理を食べたり、
おしゃれをしたり、
好きな音楽を聴きまくったり…

自分たちの好きなことをして、
二人が仲良く暮らせたら…
OK。

まさに180度の大転換です。

++

結果。
二人の暮らしは楽しくなりました。

彼女の病気の症状は、
良くも悪くも変わっていません。

それでも病気を治すというプレッシャー
…ストレスからも解放されました。

今回の経験から学んだこと

こころの病気は
完全回復を目指すよりも、

病気との上手な付き合い方を
見つけることが大切。

「優先順位のつけ方」自分のやりたい事を後回しにしない

優先順位の付け方には、
もう一つ大切なポイントがあります。

それは…自分のやりたい事を
後回しにしない。

つまり自分の時間を
大切にしようね。

介護者。特に家族へ
伝えたいことです。

自分さえ我慢すればよい…
そんな自己犠牲の精神でいると

いつか必ず
心身に不調をきたします。

そして、本人に
その不満・怒りが向かいます。

以前の私がそうでした。

自分はこんなに
我慢してやっている…

もうこれ以上
我がままを言わないでくれ。

そんなことを
彼女に伝えたこともあります。

++

こんな風にならないためにも
日頃から、
自分の好きなことをやりましょう。

優先順位の第二位くらいに
しておきましょう。

本人は病気で大変なのに…
自分は好きなことをしていいのか?

そんな風に思う必要ありません。
むしろその逆。

自分が好きをことをして
ストレスを抱え込んでいない方が
本人にとっても気が楽です。

間接的に本人のストレス軽減に
貢献しています。

++

以前、
彼女が私に話してくれました。

私のせいで我慢させているのが
申し訳ない…

それ以来。
私は自分の好きなことを
優先順位の第二位に設定しました。

毎日約1時間…
一人で過ごす時間を頂きます。

そうやって自分の好きなことを
後回しにせずに実行する。

すると…充実感を感じられるので
ストレスも溜まりにくくなりました。

彼女と一緒に過ごす時間を
より大切に充実したものになるように
行動が変わってきました。

まとめ

人生の時間は限られています。

だからこそ
本当に大切だと想えることに
時間を使います。

私の優先順位
・第一位:アパートで彼女と仲良く暮らす
・第二位:毎日1時間。一人で過ごす時間を頂きます

++

こころの病気を抱える彼女と
その彼女に惚れた恋愛経験ゼロの私

悪戦苦闘しながらも
幸せに生きようとする二人の暮らし

そこから学んだ
たくさんの幸せに生きるヒント

皆様のお役に立てれば幸いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました